個人信用情報とは

カードローンの申し込みやクレジットカード作成時の審査で金融機関が参考にするのが個人信用情報ですが、これには以前債務整理をし立という記録も残っています。
履歴を保持する年数には決まりが存在しますが、これがある限りクレジットカードを造ることも借入をすることもできなくなるでしょう。
個人信用情報におけるこの記録の扱いは、破産の時は法的に免責許可が確定した時を基準とし、自己破産以外の債務整理を行った際は全ての返済が済んでからを基準として、事故情報として5年程度は記録が残ります。

借金が増えすぎた場合は債務整理が有効な手段ですが、どれくらいの借金からというのは、人それぞれだと言わざるを得ません。借金の総額が数十万円といった場合は、どこかでお金を借りて、持と持との借金分を返すこともできます。でも、すでに借金があるので、融資してくれる業者は簡単には見つからないかも知れません。

返済が滞りそうだと思ったら、新たに借入をする前に弁護士などに話し、実際に債務を整理しなければならない状態なのかを客観的に見て貰うようにしましょう。

債務整理の方法は、さまざまあります。中でも最もさっぱりするやり方は、一括で返済することです。
一括返済の長所は、借金を一気に返済し終えますから、以後の繁雑な書類の処理等と返済等が必要でない点です。

理想的な返済方法であると言っても過言ではありません。
借金がかさんで債務整理をすると、この事実がJICCやCICなどの信用情報機関に一定期間保存されるでしょう。
あくまで期限付きですが、JICCではどのような債務整理を行っても、およそ5年になっているんです。

また、CICの場合は、破産ならば5年ほどですが、別の方法で債務を整理を行っている場合、登録自体がされないようになっているんです。

この期間はブラック状態なので、ローンやクレジットカードの審査に落ちる可能性が高いです。
返済できない借金